ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はまたプログレッシブ・ロックと呼ばれるジャンルに分類されることの多い、ソフト・マシーンを取り上げます。

ソフト・マシーンを知ったのは、あまり憶えていないのですが、確か、昔やっていたテレビクイズ番組「カルトQ」という番組の「ウィリアム・バロウズ」という作家の人のマニアが集まる回で、ウィリアム・バロウズの影響を受けたプログレッシブ・ロックのアーティストとして、ソフト・マシーンが出てきたので、それで興味を持って、CD屋さんで探して、適当に買ったアルバムがこの「softs」です。(ちなみにウィリアム・バロウズという作家は奇妙な作風の作家で、この番組を見たあと、どんな作品か興味を持ち、読んでみるため2冊くらい、ウィリアム・バロウズの本を買いましたが、少し見て、挫折しました)
ソフト・マシーン自体にあまりくわしくもなく、アルバムはこれしかもっていませんが、このアルバムは地味ながらも、落ち着いて聞けるいいアルバムでした。

のちにアディエマスという癒しの要素の強い音楽を作る、アディエマスの重要人物がソフト・マシーンのキーボードをやっていた人だと聞きます。
私の記憶に間違えなければ、このアルバムにもメンバーとして参加していると思います。

アルバムからは2曲目に収録されている「The Tale of Taliesin」を演奏している動画を貼ります。

soft machine Tale of Taliesin


スポンサーサイト
今回はBe Your Own Petのアルバム「Be Your Own Pet」です。

このアルバムは紙ジャケCD(そのまま、「紙のジャケット」という意味ですね)で買ったのですが、これはCD屋さんに行ったとき、店内にBe Your Own Petがかかっていて、それを聞いて、衝動買いしたアルバムです。
「○○○○○○ F○○○○R」(あえて、かなり、ぼやかしました)という言葉を聴いて、Babes In Toyland以来の衝撃を受けましたね。

私も31歳なので、全曲を通して聞く体力がないのですが、飛び飛びで聞いても若さを感じるし、シンプルで好きですね。

Be Your Own Pet Live - Bunk Trunk Skunk


今回はフランスのバンドTahiti 80の「Heartbeat」です。
アルバム「パズル」の中に入っている曲ですが、全体的にも雰囲気のいいアルバムですが、一回、さらっと聞いたあとは「Heartbeat」ばかり聞いていましたね。
いい曲は多いのですが、「Heartbeat」の印象が強いですね。
近頃は聞いていないのですが、また、気が向いたら全体的に聞きなおそうかな、と思います。
以前とは印象が変わるかもしれません。

で、やはり、動画は「Heartbeat」です。
歌詞はフランス人らしい、歯の浮くような愛の語り、みたいな内容だそうです。

Tahiti 80 - Heartbeat


私は基本的にはどんなジャンルの音楽でも聴くのですが、大きな影響を受けたジャンルはプログレッシブ・ロックとパンクですね。
今回はパンクのグループの曲を紹介したいと思います。

SHAM 69の「BORSTAL BREAKOUT」です。
パンクはいろんなアーティストを聞いているので、誰のファンとか、誰が好き、というのはないのですが(しいて言えば、日本のパンクバンド、THE STAR CLUBのは大きな影響を受けたかな)、いろんなアーティストのいろんな曲が好きで、その曲の中のひとつです。
この曲の疾走感がたまりません。

SHAM 69 - BORSTAL BREAKOUT


今回はフレディ・マーキュリーがあこがれていたスペインのオペラ歌手、モンセラート・カバリエとの念願の競演をしたアルバム「バルセロナ」です。

タイトル曲の「バルセロナ」は本当にいいですね。
私はこのアルバムを日本版で買いました。
このアルバムではいろんなタイプの楽曲があり、全曲素晴らしいのですが、特に2曲目の「ラ・ジャポネーゼ」は使われている日本語の選び方がいいですね。
ただ、少しアレンジが違う国っぽい感じがするのが難ですが、でも、いい曲です。

あんまり関係ない話ですが、昔、私は伊集院光さんのラジオを聞いていたのですが(オールナイトニッポンですね)、その番組のジングルが確か「バルセロナ」の一部分だったと思います。

その中から、タイトル曲の「バルセロナ」の動画を貼ります。
この曲はオリンピックの閉会式で歌われる予定の曲だったそうですが、フレディ・マーキュリーは、その前に亡くなってしまいました。
閉会式ではモンセラート・カバリエと代役で同じオペラ歌手のホセ・カレーラスが歌ったそうです。

Barcelona-Freddie Mercury/Montserrat Caballe-Ibiza Ku Klub


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。