ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道日本ハムファイターズの小笠原選手が巨人へFA宣言にて、移籍すると発表したそうです。

小笠原が巨人と4年契約!さらば日本ハム(日刊スポーツ)
 日本ハムからFA宣言していた小笠原道大内野手(33)が22日、巨人入りすることを表明した。この日、都内で2度目の交渉を行い具体的な条件提示を受け、合意した。記者会見ではやや緊張気味の表情で「ジャイアンツでお世話になると思います。決定ではないですが、そういう方向になる」と明言した。小笠原は巨人の熱意を1番の決め手になったとし「もう1度、自分のレベルを上げるために挑戦したい」と新天地を選んだ。また条件については複数年の4年契約を提示されたとし「最初に4年という話をしていただいたのでありがたかった」と話していた。

[2006年11月22日12時4分]


まあ、本人の人生なんだし、ご自由に移籍されたらいいと思う。
新天地でも活躍できるといいですね。

それと、もうひとつ、日本ハム、巨人がらみではこんなニュースも。

「日本ハム一番嫌い」日大・長野「巨人愛」貫く! (iza!産経新聞社)
 「巨人愛」がドラフトを席巻した。プロ野球の大学生・社会人ドラフトが21日、都内で開かれ、意中は巨人と表明していた日大・長野(ちょうの)久義外野手(21)は、日本ハムに4巡目で強行指名された。長野は「12球団で一番嫌い」と巨人愛を貫き、入団拒否の構え。巨人は引き続き行われた育成選手ドラフトで7人を指名するなど、高校生も含めて計16人の大量指名。巨大補強だけでなく“愛の育成球団”をアピールした。
 “ラブラブ”の仲を引き裂かれた。東京・九段の日大会館の一室。日大・鈴木博識監督(56)と速報を待っていた長野(ちょうの)を悲劇が襲った。意中の球団は巨人と公言するなか、日本ハムが4巡目で強行指名した。
 「頭が真っ白になった。整理がつかない。考えてもなかった」
 会見では質問に反応できず、無言というほどの放心状態。想定外の事態に「(進路は)監督、部長と相談して決めたい」としながらも、「(日本ハム入団は)今のところ考えていない。(巨人の)原監督は小さいころからのファンだったので一緒にやりたかった」と日本一球団への入団拒否を宣言。社会人・ホンダに入社し、早ければ2年後の希望枠での巨人入りを目指すことにした。
 “ジャイアンツ愛”を貫く理由-。鈴木監督は2年時から高評価をしてきた巨人と対照的な日本ハムの誠意のなさを指摘した。「日本ハムから(事前に指名する旨の)連絡がなかった。本人は“12球団で一番嫌いな球団”といっている。行くか行かないかは本人が決めること。きのう(20日)で結論は出ている」と“強奪”に怒りをあらわにした。交渉のテーブルにも着かない方針だ。
 指名後、日本ハム・今成スカウトから電話連絡が数度あったが通話を拒否。この日、ホンダに来春の入社の意思を伝えた。
 「無理やり指名したわけじゃない。新庄も抜け、ポイントは力のある外野手だった」と日本ハム・高田GM。会議後、千葉・習志野市内の日大合宿所をスカウト2人が訪問したが「“監督と(長野)本人は不在と伝えてください”といわれています」とマネジャーのつれない返答。まさに“門前払い”だった。
 初志貫徹。夢がかなうまでジャイアンツ愛を貫く。(上野亮治)


まずは私の個人的感情から言わせてもらうと、
「若年男子および女子層はサッカーの流れていて、団塊の世代が退職したら、その層のスポーツ新聞や週刊誌の売り上げ問題も出そうで、プロ野球の中継の視聴率は軒並み下がっている、このご時世。
そのうえ、みんなの趣味は多様化、価値観も多様化している昨今、今更巨人って、あーた」
と思うわけだよ、小笠原に対しても長野(ちょうの)に対しても。
それに巨人戦の放送権料は下がる一方だし、新聞だって、いつまでも売れるとは限らないと思うが(いや、待てよ。新聞はまだ「新聞を読むやつは頭がいい」という「新聞神話」が生きているうちは大丈夫なのか。ちなみに私は新聞はとっていない。ニュースはもっぱらネットだ)。
まあ、私が野球ファンを始めたときから、一回も巨人ファンになったことがない上、大のアンチ巨人(昔ほどではない)のもあるのだろうが、それを差し引いても、将来、ジリ貧になるであろうプロ野球界の一番のジリ貧、巨人に行きたいと思うのかね。

でも、これはプロ野球界全体の問題だよ。
戦力やスター的な選手が一部の球団のみに流れていく傾向はプロ野球の将来を考えてもよくないし、プロ野球球団の全収入をいったんプールし、12球団に分けるというとか、そういうことも真剣に考える時期に来ていると思うよ。
それに、巨人ばっかりに頼ってきた他の球団幹部、歴代から今までのやつらも悪い。
めんどくさいのもあったのだろうが、全部ナベツネ任せだったもんね。
そのことも反省したら。
放送権料も下がったことなんだから。
何をやるにしても将来性のない、行き当たりばったり。
これではプロ野球ファンは離れていくと思うんだけど。
やはり、プロ野球界は反省していないと見た。

追記:今、思ったんだけど、記事がどこまで本当かわからないけど、日大の監督、しゃべりすぎじゃないの。
長野が気が変わって、日本ハムに入りたくなっても、そんな発言をしていたことがわかったら、心象が悪くて入りにくくなるんじゃないの?。
昔から思ったけど、大学の野球部監督とか、選手のことより、自分の感情で選手の入団を阻むことって、昔、結構、あったんだよね。
何で、大学や高校、その他野球部監督って、あんなに威張るんだろう。
訳がわからない。(2006年11月22日 23:22)

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。




スポンサーサイト
テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ
たまにいろんな有名人のブログを拝見する。

よく見るのはしょこたん(中川翔子さん)や、近頃はよゐこの有野さんですね。
浦和レッズの相馬崇人選手のブログも個人的に好きです。

で、思ったのは芸人の中で、今ダントツにいいブログを書いているなあ、と思うのはダイノジの大谷さんだと思う。
特にここ最近のブログのエントリーの充実ぶりはすごい。
考えさせられることも多い。
私がよく読ませていただいている「昨日の風はどんなのだっけ?」さんもブログで書いていましたが、一時期の大谷さんは「あ~あ」と思うことを書いてしまったりしていたのですが、ここのところの充実、及び安定ぶりはすばらしい。
本当にいい意味で丸くなったなあ、大谷さん、と思います。
芸人さんのブログはやはり、人によって、それぞれの味があって、いいのが多いのですが、今のところはダントツに大谷さんかな、と思う。
大谷さんのことは音楽趣味の合うし(プロフィールを見る限り)、昔から好きだったが、近頃、改めて好きになった。
今度こそ、活動を軌道に乗せて、売れて欲しい。そう思います。

不良芸人日記(大谷さんのブログ)
テーマ:お笑い芸人 - ジャンル:お笑い
近頃、わらべの「もしも明日が」がずっと、頭に流れていたのですが、youtubeで探したら、ありました。
「もしも明日が」の入っているアルバムとか探していたのですが、youtube様様です。

しかし、本当に名曲だよね。



追記:今日、古CD屋さんで、わらべの「もしも明日が…」が入っているCDを発見しました。
オムニバスCDアルバム「青春歌年鑑 80年代総集編」です。



まあ、これを発見する前にYouTubeで発見しちゃったから、CDのほうは買うかどうかはわからないですね。
まあ、レンタルはするかもしれません。(2006年11月22日 23:18)
テーマ:日記 - ジャンル:日記
遅くなりましたが、陣内智則さんと藤原紀香さんが結婚するのではないか、という報道がありました。
最初、聞いたときはびっくりしました。
大阪の心斎橋筋2丁目劇場時代から知っている人のブログはだいたい、
「”あの”元リミテッドの陣内がーー!!?」
という反応でした。
本当、リミテッドって、つまらなかったですから。

広島では「なるトモ」は金曜日は放送されないみたいですが、「昨日の風はどんなのだっけ?」さんのブログのブックマークにyoutubeのリンクに金曜日の「なるトモ」の一部が見れました。
たむけんさんが、
「コントの設定やないか」
と言っていました。
そのとおりです。

テーマ:お笑い芸人 - ジャンル:お笑い
私は職探しの真っ最中だが、いろいろと頭にくるというか、「もうちょっと、(求人の)資料をちゃんと書けよ。詐欺じゃないか?」と思うこともある。
まあ、こういう職探しは初めてじゃないので、何度も頭にくることやため息の出ることはあったが。
本当はこういうことは何度も経験したくないが、前の会社の人員整理(だと思うけど。というか、そういうことにしておく)のために、はじかれたので、また、探さなくちゃね。
仕事の苦労よりきついよ。毎回思うけど…。

まあ、愚痴はさておき。
お金もないのに、買い物で気晴らししてきてしまった。
まあ、お金のかからないところにしましたが。



「芸人が好きですが、何か?」という本です。
読んだ感想は、「ライターによって、ばらつきがあるな」ということでした。
適切だなあ、と思うところもあると思えば、思い入れがありすぎて、読んでいてきついな、というのもありました。
関西の芸人も関東芸人も取り上げられています。
その点はいいですね。
ミーハーなのもあれば、そうでないのもある、ばらつきがある。
いいのもあるが、悪いのもある。
という感じです。



「平成日本のよふけ2」です。
105円だったのが、うれしかったです。



「吉村智樹の街がいさがし」です。
VOWの有名投稿人もいまや、私の信用する数少ないライターになられています。




小林旭さんの「アキラ1」と「アキラ2」です。
かっこいい。
また、大瀧詠一監修というのもいい。
私は俳優”マイトガイ”小林旭にはあまり、興味がありませんが、歌手・小林旭は大好きです。
「♪ ホイのホイ ホイのホイなのよ~」



アリニスモリセットの「Thank U」です。



ストロベリーフラワーの「愛のうた」です。
寂しい気持ちになる歌ですが、暖かさのある声に救われます。

あと、音楽特奏隊という、あまり、よく、わからないのも買いました。
みんな通常より安かったので、うれしかったですが、山本正之さんと少年ナイフのが買えなくて、残念でした。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。