ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも読ませてもらっている「昨日の風はどんなのだっけ?」さんのブログに「スミス夫人」のことが書かれていました。

■[漫才] スミス夫人

このエントリーで紹介されていたブログのエントリーです。

■[お笑い]スミス夫人(「一汁一菜絵日記帳」さんより)

私は広島に住んでいるので、関西の流れを一部分は知りません。
他の一部分はケーブルテレビ加入後、知ったものも多いです。
広島では情報が少ないので、心斎橋筋2丁目劇場のファンクラブに入り、ファンクラブの広報でファン同士の交流をして、情報を仕入れていました。
しかし、2丁目後期は情報交換をしていないため、2丁目後期にブレイクしたスミス夫人がどういう状況下にあったのかはわかりません。
ただ、コント専科というイメージのスミス夫人が漫才を始めたことに関しては、面白かったけど、受け入れられなかったことはおぼえています。

私はスミス夫人が好きでした。
リットン調査団系統の芸人さんは好きなので、スミス夫人は好きでした。
とにかく、スミス夫人、特に、松村さんはわが道を行く感じが好きでしたね。
コントもマイペースというイメージでしたね。

「一汁一菜絵日記帳」さんが言われるとおり、松村さんのボケは関西の芸人さんにはないボケ芸人でしたね。
そう考えると関西には雰囲気でボケる芸人さんっていませんね。

私が知らない部分はBOOING!の優勝の頃から解散に至る時期ですね。
私が2丁目劇場の情報があまり、入ってこなくなった時期で、この頃のことはわかりませんが、ブレイクしかかっていたんですね。
実力はもともとあったのですが、名前もトップに来ていたんですね。
こういったら、語弊があるのかもしれませんが、スミス夫人らしからぬ展開があったのですね。
メジャーにならないイメージがあったので…。
そのイメージはたぶんに松村さんから発せられていました。

で、baseへの転換がうまくいかず、活動に行き詰まり、解散、ということなのでしょうか。
とにかく、好きなコンビだっただけに、解散したと聞いたときは残念でしたね。

残念ながら、松村さんは引退されたそうですね。
なだぎさんはザ・プラン9で活躍されています。
プラン9はなだぎさんが今まで歩んできた芸風とは違う路線なので、いい具合にメジャーになって欲しいですね。

「昨日の風はどんなのだっけ?」さんがおっしゃっているように、2丁目劇場の後半、というか、千原兄弟がトップに頃から、新陳代謝も悪かったし、後半は本当の最悪だったと思います。
残るべき芸人さんは半分も残っていないのですから。
なので、そこから這い上がって、残っている2丁目劇場出身のコンビや芸人さんたちにはぜひ、ブレイクし、お笑い界に君臨して欲しい。
そうでなければ、なんか、悔いが残る。
スポンサーサイト
テーマ:お笑い芸人 - ジャンル:お笑い
ブログを見ていたとき、誰のブログかは忘れてしまったのですが、サッカーの話題が書いてあって、そのエントリーに対するコメントで、こんなことが書かれていた。

「ラグビーの解説者には面白い人がいない」

確かに。

私がラグビーの中継を見る時、NHKなら、副音声でルール解説をしているほうを聞きながら見ることが多いのですが、副音声以外のときの解説は確かに、耳をひきつけるような解説は聞いたことがない。
JSPORTSのラグビーの試合以外の番組を見ていても、面白い人を見かけたことはない。
もしかしたら、本当は面白い、興味深い話のできるラグビー関係の人はどこかにいるのではないか、と思うが、残念ながら、今まで、あったことがない。
サッカーなら、実況は倉敷さんとか山本浩さんとか金子勝彦さんとかいらっしゃるし、解説ならヒロミ(原博実さん)、私は聞いたことがないが評判では反町さんも人気が高い。
ラグビーにそういう人はいるのか。

私が今まで見てきたラグビー関係者では上田さん、平尾さん、大八木さん、松尾さん、清宮さんなどいるが、一定のレヴェルはあると思うけど、
「キャラがいい」
とか、
「話が面白い、また聞きたい」
とかは思わないですね。
まあ、上田さんはこの中では一番いいかな。
トヨタ時代の話は興味深かったし。
でも、広報的役割を担う、という感じじゃないしなあ。
松尾さんは好き嫌いが分かれやすそう。
私は好きだけど、キャラクターが多数の人には受けそうにないしなあ…。

そして、実況のほうだけど、ラグビーを中心にやっているという基準で考えると、矢野武さんという人しか思い浮かびませんでした。

ここで矢野武さんの紹介をします。
なぜ、紹介に時間を割くかというと、彼の経歴が少し、面白かったためです。
矢野武さんは元は役者さんでした。
アナウンサー出身ではないんですね。
しかし、役者で食べていくのには限界を感じ、生きていくために新たな展開を模索していたところ、知人に、
「君は声がいいから、それを生かせる仕事につけばいいんじゃない」
というアドバイスから、実況のオーディションを受けに行き、合格して今に至るそうです。
ラグビー以外ではプロレスなどの格闘技の実況もしています。
また、こんなDVDでも、実況をされています。
国内外のラグビーを知っていらっしゃるようです。
ちなみに彼の親戚には矢野悦子さんというスタイリストのパイオニア的存在という方がいらっしゃいます。
矢野武さんから見て、おばにあたる人です。
「笑っていいとも」などの番組で長きに渡り、そして、今も確か、スタイリストをやっていらっしゃると思います。
テロップで「矢野悦子」という文字を見かけた方もいると思います。
また、矢野武さん自体もラグビー経験者で高校時代はラグビー部だったそうです。
矢野武さんの出身校の名前は書きませんが、ラグビーは強くないです。(ちなみのその高校は全校生徒3000人近くいる男子校)

その矢野さんは一部、ラグビーファンにはうるさいので、あまり好きではない、という意見がありました。
格闘技の実況者としての評判はまあまあなので、おそらく、格闘技の実況風のラグビー実況になってしまうのかもしれません。
だが、かといって、ラグビーにくわしくて、ちゃんと実況できる人が他にいるのか?、といえば、探すのが難しそうな気がします。

全国から、ラグビーに精通した、地方のテレビ局のアナウンサーでも、アナウンサー経験はないけど、実況のできる人材を探すなどして、ラグビー中継に力を入れてみてはどうかと思う。
「われこそは」という人はいないのだろうか、そして、「われこそは」という人を拾い上げる機会はテレビ局側(衛星放送を含む)ないのだろうか。

それと、解説者のほうだけど、これは実況者よりも難しいような気がしますね。
特にラグビーの協会も組織的には残念ながら、硬直化しているようにも見えるし(外国人のラグビー日本代表の選手の不祥事の対応や大学側の発言がまだ強いとか。ちなみにラグビーの代表の選び方は、その国のラグビー協会組織の関連の学校や会社のラグビー部に3年以上いれば、外国籍であっても、その国の代表になれます)。
新しい、新陳代謝を促せるような人材を望むのが、難しいように感じます。

いまや、人気は下火傾向といわれている日本のラグビー。
人気向上にはイメージの変更と適切な広報的役割の人材が必要だと思います。
それと、ラグビーはオリンピック競技ではないので、オリンピックで名前を広げることはできないので、また、ラグビー関連の映画とか、アニメとかがヒットするのを願うか。
とにかく、何か、いい転機が来るといいですね。

テーマ:ラグビー - ジャンル:スポーツ
巨人から北海道日本ハムに移籍する岡島投手が移籍を機にキャラクターを変えるらしい。

キャラ変えます!岡島「しゃべる!!」(スポニチアネックス)
目指すは新庄プラス岩本?日本ハムは27日、巨人との交換トレードで入団した岡島秀樹投手(30)の入団会見を千葉・鎌ケ谷の球団事務所で行った。背番号は40。中継ぎとして期待される左腕は、チームへの貢献を誓うとともに「“しゃべる岡島”でいきたい」と巨人時代に浸透した寡黙なキャラクターからの変身を宣言。新庄とのパフォーマンス共演も志願した。

 突然のイメチェン宣言だった。会見の代表質問で「日本ハムのイメージは?」と問われた岡島が、巨人での12年間で積もりに積もっていた思いを吐露した。

 「北海道のファンと一体となって、楽しく野球ができているチーム。新庄さんのパフォーマンスに加わっていければ。巨人の時のイメージではないけど、関西出身なんで。そういうキャラを前面に出していきたい」

 会見後は「しゃべらないイメージがあったでしょ」と報道陣に逆取材。「(巨人では)ネコかぶっていたんですよ。普通ですよ」とおどけ「180度変えたいですね。“しゃべる岡島”でいきたい」と強調した。

 個性派やスター選手ぞろいの伝統球団の中では、“真の自分”をアピールすることは難しかった。しかし、岡島はトレードを最大の転機ととらえ、24日に清武代表から通告された直後も「必要とされるところでやるのが一番いい」と前向きに受け止めた。V9戦士の高田GMも「巨人だと選手に“2、3日待ってくれ”と言われるケースがほとんど。その日中に発表できるとは思ってもいなかった」と驚いたほどだ。

 もちろん、本業の方も忘れていない。豪州自主トレに同行するなど兄貴分的な存在だった桑田からは前夜に送別会を開いてもらい「交流戦ではお互い頑張ろう」とエールを送られ「その時に自分の活躍を見せたい」と早期1軍昇格へ思いを強くした。子供の誕生祝いなどをもらうなど可愛がられたオリックス・清原には「対戦が楽しみ。紅白戦では打たれている。大事な場面で抑えたい」と恩返しを誓った。きょう28日のイースタン・インボイス戦(鎌ケ谷)ではヒルマン監督の見守る前で登板予定。「ニュー岡島」の第一歩を踏み出す。

 【岡島と一問一答】

 ――北海道という土地のイメージは。

 魚とか山の幸とかがおいしい。そういうところに行けるのは、願ってもないチャンスだと思う。

 ――セとパの違いについては。

 セ・リーグの打者は変化球を打つのがうまい。パは真っ向勝負でストレートが強いという印象。かわしながらやりたい。

 ――どんなパフォーマンスがしたい?

 開幕戦で新庄さんのハーレーのサイドカーに乗れればと思ったけど…。これから考えます。

 ――現在のコンディションは。

 キャンプでは出遅れていたけど、今は順調にきています。
[ 2006年03月28日付 紙面記事 ]


そういえば、日本ハムに移籍してキャラクターが変わった選手に阪神から来た坪井選手がいますね。
阪神時代はクールなイメージだったのに今はその面影もない。
横浜から来た横山やヤクルトから来た稲葉は別にキャラクターが変わった様子もないので、よほど、巨人や阪神は窮屈なのか、と思うよね。
実際はわからないけど。

これからの岡島、少し楽しみ。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ
また、スランプかも。
コメントを返すのが、遅くなりそうですが、必ず返しますので、しばらく、お待ちください。

少し、遅くなってしまいましたが、この話題。

日本ハム実松・古城と巨人岡島がトレード(北海道日刊スポーツ)
日本ハム実松一成捕手(25)古城茂幸内野手(30)と、巨人岡島秀樹投手(30)との2対1の交換トレードが合意に達し、24日、両球団が発表した。巨人はFA移籍した野口の人的補償で、小田が中日に移籍。阿部は右肩に不安があり、捕手が手薄だった。中継ぎ左腕が不足する日本ハムと意向が一致、守備に定評のある古城も加えトレードが決まった。

 日本ハムは中継ぎの切り札を獲得。特に左投手は長年の懸案事項だったことから、実績十分の岡島をリストアップ。高田GMは「今は中継ぎは充実しているとしても、いざというときに層が厚くなると思う」と獲得に動いた理由を説明した。27日に千葉・鎌ケ谷で行う入団発表後にチームへ合流する予定で、背番号は「40」になる見込み。

 今後は2軍戦に登板してテストを行った後、ヒルマン監督らの判断で1軍昇格時期を図っていく。昨季は同監督が再三、補強を求めていた強化ポイントの1つが左の中継ぎだった。巨人コーチなどの時代から岡島を見てきた高田GMは「カーブが決まれば、まだ簡単には打たれない。2人出しても獲りたかった」と満願成就だった。

◆古城「北海道のファンの方々の温かい応援は一生忘れません。新天地で頑張ります」

◆実松「昨年はプレーオフ進出、優勝も逃しファンの方々と喜びを分かち合えなかったのが心残り。今後も精いっぱい頑張ります」

[2006年3月25日8時37分 紙面から]


とうとう、実松くんの育成をあきらめちゃったね。
サネくんは確かに、チャンスをもらっていたし、そのチャンスを生かせなかったから、仕方ないかもね。
最初、ドラフトで獲ったときはドラフト3位予定を松坂が獲れなかったのを機にサネくんを獲って、それでも、予定を繰り上げて獲っても損のないとされた人材だったんだけどね。
日本ハムは選手の育成には自信のあるチームだけど、大きくポイントをおいている部分では思ったほど育っていないですね。
で、こう言っちゃ何だけど、サブ的なところの育成はうまくいっている、という印象を受けますね。
本当は他の日本ハムファンもそう思っていたと思うのですが、将来は彼を日本ハムの正捕手になったほしいと思ったと思うし、私も思ったし、そうなる、と思っていた。
しかし、リードの面、守備面はいいのだけれど、打撃が悪すぎる。
キャッチャーだから、打てないのは仕方がない、という許容範囲というのがあると思うが、その許容範囲を超えてしまうほどの打撃の悪さは困ってしまう。
そして、今回の移籍。
まあ、潮時だったのかな。
日本ハムではできなかったが、巨人では正捕手になってほしいね。
昔はキャッチャーという育てるのに時間のかかるポジションということもあって、もともとの期待も含めて、トレードなんて出さない、という選手だったけど、今回のこの時期のトレードは本当に潮時を感じる。
そして、新しい環境の中での再スタートというのはいいと思う。
成功を祈ります。

古城選手の関しては「何で巨人かな」と思いますね。
ロッテから守備の名手であり、走塁のスペシャリストの小坂選手をトレードで獲得しているのに、仁志もいて、その中で競争して勝てるのかね。
パリーグを長く見ているからわかるけど、小坂選手は本当にいい選手だからね。難しいと思うんだけど。
それでなぜ、また、同じようなポジションの選手を獲ろうと思ったのかね。
巨人の考えていることは相変わらず、わからん。

まあ、サネくんの場合はいじられキャラとして、一部の人に人気があった選手だけに、そういう意味で惜しいなあ、という人もいるみたいですね。
見た目のかわいらしさと打てなさ過ぎる打撃。
当たれば遠くに飛ばせる力はあるのに…。
彼のホームランはあまりにも貴重なので、「サネムラン」といわれていた。
そういう意味でも離れるのが寂しくなる選手ですね。

とにかく、移籍する2人には移籍先での活躍を祈ります。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ
私がお笑いに関して、尊敬して、読ませていただいているブログに「もろ藤の「毎日が大衆芸能」日記」というのがあります。
岡山在住の18歳で自らもコンビを組み、漫才をされています。
また、ブログ、ホームページの内容も「本当にお笑いをよく勉強されているなあ」と思い、読ませていただいております。

その、もろ藤くんのブログの中に気になるエントリーがありました。

■「新旧トリオ共演」

引用部分が多くなって申し訳ないのですが、気になった文章を引用します。

「番組内でナインティナインがシティボーイズに憧れ、毎年コントライブをしているという話が出た。これは以前、インタビューで岡村さんが答えてられていて知っていたが、僕が気になったのは、そのライブのDVD化についてだ。シティボーイズは、毎年ライブはDVD化している、しかし、ナインティナインはそれをしない。憧れているのにだ。その理由は岡村さんも答えていて、「ライブはその場で見るからおもしろいもの。DVDにしたんでは、それが伝わらない。だからDVD化は断固反対です」だそうだ。じゃあ、それをしている憧れのシティボーイズをどう思ってるのか?理由は他にあると思うんだけど。」

私はザ・プラン9とか、いろんな芸人さんのライブDVDやビデオをレンタルで借りて見ますが、面白いですよ。
ライブ感がそがれるというけど、テレビ画面を通して、DVDをセットしてみている時点で、
「ライブじゃないけど、「ライブはこんな感じかな」」
という雰囲気を味わいながら見る、という前提が見る側にもできているので、そんなことは気にしない。
ナインティナインが憧れているのシティーボーイズだって、ラーメンズだって、DVDでライブを見ても面白いと思うし。
やはり、他に理由があるのかなあ、と思う。
私は申し訳ないが、ナインティナインは苦手なほうだ。
しかし、それを差し引いても、この発言にはややの矛盾を感じざるを得ない。
DVD化したくないという心境もわからなくもないが、憧れているはずのシティーボーイズだって、DVD化しているのだから、他に理由があるのではないか、と勘ぐられても仕方がないと思う。

お笑いでビデオ化、DVD化を定着させたのはダウンタウン、というか、松本人志さんだと思う。
今の松本さんには疑問があるが、それはおいておいて、今までの功績の話をすると、お笑い界の地位向上に大きな貢献をした人だと思う。
たとえば、これはライブではないが、「頭頭(トウズ)」にしてもそうだし、あと、「寸止め海峡(仮)」という、ライブも1万円でビデオにいたってはそれより高かったけど、売れに売れたものです。
「お笑いだから安い、というのはおかしい」
ということで高かったのだと思うが、それでも損をしたと思った人が少なかったのだからすごい。
私は何度も見たが、すごかったです。
こうやって、ビデオで見ても、その魅力はライブほどではなくても、大きく欠損はしません。
岡村さんは松本さんに対する、対抗意識として、DVD化したくないという思いがあるのだろうか。
過去にいろいろ言われたみたいだし。(噂の域を出ないが)
それとも過去のネタを残されるのがイヤなのだろうか。
天素」時代のとか。
でも、そうだったら、「そうです」と言うと思うから、違うかもしれないが。
ネタ枯れの問題だって、今のナインティナインなら、ありえない悩みだし。
にしても、なんか、釈然としない。
岡村さんにはもう少し、マシな言い訳を言ってほしい。

ただ、岡村さんばかりを責めてもよくないので、もう少し、違う観点で書きたい。

日本人はライブ版を聞かない傾向があるような気がする。
だから、ライブ版のCDを出しているアーティストも少ないような気がする。
外国人アーティストは結構、ライブ版を出している。
中学生時代布袋寅泰さんの出ていたFMのラジオを集中して聞いていた時代があった。
布袋さんからはたくさんの洋楽のアーティストを教えてもらったが、ライブ版に関して、日本人はあまりライブ版を聞かない、ライブ版もいいから聞いてみて、と布袋さんが言っていた。
今の時代はDVDなどの映像付きのライブ版は結構、売れているような気がするので、以前よりはライブ版に触れているような気がする。
そこらへんは変わってきたかな。
でも、CDのライブ版は相変わらずかな。
日本人にライブ感を味わう、というのがないのかもしれない。
で、映像がないと、しっくりこないのかもしれない。
日本人には想像力がないのかもしれない。
だから、音だけのライブでは満足できないのかもしれない。
日本人でもライブ自体はちゃんと楽しむことができるんだと思う。
音だけ、というのが、苦手なのかもしれません。

でも、それを割り引いても、やはり、岡村さんの発言には疑問がある。
私は子供の頃、落語のテープを聞いて育った。
落語の音声はだいたいが「ライブ版」だ。
それでも充分、楽しめた。
今後のナインティナインはライブのDVD化をしないのだろうか。

余談ですが、ライブ版紹介。

ラジオで聞いた、ライブ版の「キングアンドクイーンズ」がよかった、エアロスミス。
アマゾンのリンクが私の聞いたヴァージョンかはわかりませんが、リンクしておきます。


これも、私が聞いたヴァージョンかどうかはわかりませんが、オーティス・レディングの「トライ・ア・リトル・テンダネス」がいいですね。


フラワー・トラヴェリング・バンドの「MAKE UP」です。
これはアルバムを持っています。
でも、リンクのヴァージョンではありませんが…。(私の持っているのは一曲、足りません…)
とにかく、かっこいいです。
テーマ:お笑いDVD・CD - ジャンル:お笑い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。