ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に続いて、音楽の話題が続きますが…。

私のブログにもリンクさせていただいている「ブログであそぼ!」のオランダの薔薇さんもサディスティック・ミカ・バンドの話題をされていましたが、なんと、今回、また、再結成されるそうです。
ヴォーカルには木村カエラさんを起用するようです。

サディスティック再結成(日刊スポーツ)
キリンラガーの06年テレビCMの発表が29日、横浜市内で行われた。今CMは「発売110年を超えても愛される」をテーマに、永遠に色あせない、いいモノがテーマ。日本のハードロックバンドの先駆として、70年代に活躍した「サディスティック・ミカ・バンド」を起用し、ボーカルに木村カエラ(21)を迎えて17年ぶりに再結成することになった。

 CMでは、木村のボーカルで同バンドの代表曲「タイムマシンにお願い」を披露。木村のボーカルは、加藤和彦(58)が決めたそうで「歌がうまくてインテリジェントで、ぶっ飛んでるから」という。木村も「すっごい歌いやすかった」と満足そう。CMは2月25日から放送。

[2006/1/29/22:46]


私が中学生時代だったか、そのころに一回、ヴォーカルに桐島カレンさんで再結成というのを見ているのですが、桐島カレンさんはイメージに合わなかったように記憶しています。
むしろ、私のサディスチック・ミカ・バンドの印象のはじめは、当時いたバンドTHE TOPSの「タイムマシンにお願い」のカヴァーのほうが印象に残っているからだ。(OK Waveを参考にしました)
こちらのカヴァーのほうが、サディスチック・ミカ・バンドのイメージに近かったように記憶しています。

で、またの再結成。
今度のヴォーカルは木村カエラさんということですが、彼女のほうがイメージに合うような気がしますね。
CMで「タイムマシンにお願い」が流れるそうですが、楽しみですね。

それと、今日は、以前行ったCD屋さんとはまた違ったCD屋さんに行く機会があり、CDをながめていると、昔出されたアルバムの復刻CDが結構、おかれていました。

ジャックスとか、



ザ・フォーク・クルセダーズとか、



イルカさんのデュオ時代「シュリークス」のアルバムとか、



あと、喜多嶋修さんのバンド時代のものもあり、結構、レアなものがありました。
品数を期待していなかったのですが、いろいろあって、見ていて楽しかったです。
そんな中、若手のバンド、日本の「TELEVISION」ともいわれる、スパルタ・ローカルズのアルバムも置いてありました。



結構、幅広かったですね。

昔のアルバムの復刻ブームなんですかね。

こんなのもありました。



クールス」っすね。
舘ひろしさんやら、後期にはクレージー・ケン・バンドの横山剣さんもいたそうです。
杉本哲太さんもいるかと思いましたが、哲太さんは「紅麗威甦(グリース)」でしたね。

スポンサーサイト
テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
今回は雑談です。

以前、虫歯ができて、治療中と書きましたが、やっと、終わりました。
正月と重なったのもあって、1ヶ月、かかりました。
虫歯の穴が深くなりすぎて、歯の神経が腐り、時間を要したようです。
治療中に虫歯がもうひとつ見つかったのもありますが…。
いつも、しっかり磨いているつもりなのですが、いつも以上にしっかりと磨かないといけないなあ、と思う、今日この頃です。

その虫歯の治療後、久々に自由に使える収入があったので、中古CDですが、買いに行きました。
探していたのは小川美潮さんの「窓」という曲が入ったアルバム「4to3」です。
小川美潮さんの「窓」はいい曲で、一人の少女が大人になって、住み慣れた町を出て行くまでを哲学的に、また、ドラマチックに歌った名曲です。
そして、とある有名な中古ものを多数取り扱う店にて、アルバムを見つけました。
まさか、見つかるとは思っていなくて、びっくりしましたね。
やっぱり、いい曲ですね。
言葉の使い方が、また、いいんですよ。
噛み締めながら聴ける、いい曲です。



それと、CDは買わなかったけど、CD屋さんにも行きました。
視聴をしました。
視聴したのは、

GANG OF FOURの「RETURN THE GIFT」と、



うろおぼえですが、BECKの「Guerolito」と、



ポーランド出身のCOOL KIDS OF DEATHの「クール・キッズ・オブ・デス」です。



特に、GANG OF FOURは名盤「Entertainment!」で聴いた、GANG OF FOURらしさがありました。
CD屋さんの紹介の仕方が、
「「ZAZEN BOYS」の向井さんが影響を受けたバンド」
でした。
まあ、確かに「NUMBER GIRL」も、まあまあ、好きだったし、別にいいけど、なんだかなあ、と思いました。

以上、雑談でした。
テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
もし、事実であれば、大学スポーツ部の嘆かわしい事件だね。

集団で女性に乱暴、京大アメフト部の元部員3人逮捕(読売新聞)
京都大アメリカンフットボール部の元部員3人が、女子大生2人を泥酔させ、集団で暴行を加えたとして、京都府警捜査1課と川端署は26日、いずれも4年で工学部白井淳平(22)(京都市左京区)、農学部池口亮(23)(同)、経済学部木戸晶裕(22)(同)の3容疑者を集団強姦(ごうかん)容疑で逮捕した。

 調べに対し、3人は容疑を否認しているという。

 調べによると、3容疑者は昨年12月23日未明、木戸容疑者のマンションで、一緒に鍋パーティーをしていた京都市内の19歳と20歳の女子大生に、焼酎を一気飲みさせるなどして泥酔状態にし、乱暴した疑い。

 鍋パーティーは白井容疑者が企画したといい、同月22日午後9時から、女子大生3人との計6人で始めたが、女子大生1人は途中で帰宅していた。被害者の2人は先月29日と今月11日、相次いで川端署に被害届を出した。

 白井、木戸両容疑者はいずれもレギュラークラスだった。リーグ戦終了後の昨年11月28日に、3容疑者とも部を引退していた。

 同部は1947年、国公立大として最初に創部。「ギャングスターズ」の愛称で呼ばれ、私学に比べて選手の補強面でハンデがありながら、学生王者に6回、日本一に4回輝いている。

(2006年1月26日21時11分 読売新聞)


もし、事実であれば、まあ、どこぞのどなたがやろうとも、事件自体、嘆かわしい事件だね。
本人たちは否認をしているけど…。

大学のスポーツ部のこういう事件は以前にもあったし、相変わらず、おきるよね。
スポーツ部云々というより、こういうのはそいつら本人たちの問題だけど、事件となると、こういう風に大学全体のダメージになるような取り上げ方になるよね。
だから、というわけじゃないけど、ただでさえ、人間として情けない事件を起こしているのに、被害者や周りにも迷惑をかける、情けない事件ではあるね。

橋下弁護士がテレビで言っていたが、京大のアメフト部は国立大学のアメフト部だけど、寄せ集めているらしいね。
これは私はちゃんと知っているわけではないので、なんともいえないけど、私立ほどではないにしろ、噂では寄せ集めの感が強いらしい。
私立ならさほど問題視されないが、国立となると、国のお金、ようは国民から集めた税金を大学に使われているので、スポーツ部の寄せ集めに使われることに違和感を感じている人もいるらしい。
引用した読売新聞の記事では京大ということもあるので、「私学に比べて選手の補強面でハンデがありながら」なんて書かれているけど、実際はそうでもないんじゃないかな。
まれに医学部という選手も以前、いたけど(医学部くらいは普通の入学であって欲しいが)、学業がどれくらいなのかは、疑問が残りますね。
まあ、勉強の面は人のことは言えないが、せめて、犯罪はしないで欲しいね。
今回の事件はYahoo!の見出しで知ったのだけど、見出し時点ではアメフト部員とは書いていなかったので、見出しを見たとき、
「アメフト部、やばいんじゃないん」
と思ったら、案の定、アメフト部だった。
学校のスポーツ部の部員が全員そうだ、とは思わないし、もちろん、そんなことをするやつは一部である。
それはちゃんとわかっているけど、私自身は、ただでさえ、学校にスポーツ部関係(体育の勘違いの延長)を部活として置いておくこと自体に反対なので、こういう事件があるたび、
「学校のスポーツ系部活は全部、つぶしてしまえ」
と、余計に思ってしまうね。
こういう事件は複数人で行うケースが多いし、間違った「集団意識」が芽生えているように見えるから、余計ね。
まあ、こういう悪いことをやるのは、制度とか枠組みとかとは関係なく、一部の人間としてだめなやつの犯罪だとはわかっているけどね。

つくづく、情けないよ。
テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース
今日は何度も取り上げて申し訳ないのですが、いつも読ませていただいている「昨日の風はどんなのだっけ?」さんのブログを見ていたら、岩本さんが引退するということが書かれてあり、岩本踏襲の引退を知りました。

■[野球] 日本ハム・岩本が現役引退 27日に引退会見

紹介されていた記事です。

日本ハム・岩本が現役引退 27日に引退会見(スポーツナビ 共同通信社)
日本ハムは23日、同球団を自由契約となった岩本勉投手(34)の現役引退を発表した。現役続行を希望していたが、移籍先が見つからず、ユニホームを脱ぐことを決意した。27日に引退会見を行う予定。
 岩本は通算239試合に登板し、63勝79敗3セーブ。1999年には自己最多の13勝(11敗)をマークしたが、今季は10試合で2勝2敗だった。
                           (了)

[ 共同通信社 2006年1月23日 19:48 ]


寂しいですね。
もう少し、できると思ったのですが…。

私は北海道に移転を発表する前まで、日本ハムファンを15年間、やっていました。
岩本さんは私がファンをやっていた歴史の中でも、印象に残る選手の一人です。

日本ハムは人気が無く、ファンをやっている私もよく、馬鹿にされましたし、日本ハムを馬鹿にする人も多かったですね。
特に知りもしないくせに馬鹿にするほかのチームのファンが多く、何度、むかついたことかしれません。
また、人気が無いうえ、千葉ロッテマリーンズのファンみたいに結束して盛り上げようという機運が日ハムファンの中ではなかなか芽生えず、「何とか、盛り上げたい」という人がいなかったわけではないが、それも目立ったものでは無かったですね。
選手たちにも申し訳ないなあ、と思いました。

選手の中でもとりわけ、日本ハムのため、野球や野球以外の後方に勤めてくれたのが、岩本投手です。
野球選手としても、日本ハムのエースで、開幕試合の先発2年連続勝利をするという、名実ともチームを支えてくれる選手でした。
広報としての、パフォーマーとしても、身を裂いてくれたことは、ファンとしてもとても、うれしかったですね。

前、ここでもコメントを書きましたが、岩本さんは遠まわしであっても、人も悪口を言う人ではなかったですね。
少なくとも、私が見た限りでは。
とても、気を使う人だなあ、と思いました。

岩本投手は遅咲きの選手で、初勝利はプロ入り5年目でした。
二軍のコーチとの方針も合わなかったときもあったようですし(雑誌でコメントしていたこともあります)、フォームを一時期、サイドに変更した時期もあったようです。

ビートルズ好きで、アルバムはレコード盤は観賞用として飾り、聞くときはCDで聞くようにしているそうです。

シドニーオリンピックのときに代表として誘われたが、本人はオリンピックにとても出たかったのに、当時の監督大島さんにとめられて出られなかったりしたのは本当に気の毒だったし、私個人としても日本代表に岩本さんはいたら、いろんな意味でいい要素になったと思うだけに残念だった。
また、海外でやってみたいと発言していたのだが、それも実現されないのは残念ですね。
小学生時代だったか、リトルリーグで日本一になり、アメリカ遠征に行って、アメリカに対する意識が高くなった選手なので、是非、アメリカでやって欲しかったなあ、と思ったのですが…。

引退は残念ですが、本当にご苦労様でした。

余談ですが、以前、カテゴリーに「影ながら応援 日本ハム」というカテゴリーがありましたが、カテゴリーは削除いたしました。
理由は、私自身に日本ハムに対する、未練が少なくなったことと、日本ハムは以前の日本ハムとは違うんだ、と改めて感じることも多くなり、削除しました。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ
いつも、読ませていただいている「昨日の風はどんなのだっけ?」さんのブログにこんなエントリーがありました。

■[芸能] たこ八郎「巷に雨が降るごとく我が心にも雨が降る」

私はたこ八郎というタレントが好きでした。
私は当時は幼かったのですが、たこ八郎さんがボクサーであることも知っていました。

たこさんが亡くなり、たこさんの特集をやっている番組を見ましたが、「たこさんは本当は哲学者なんだなあ」
と思うくらい、たこさんの言葉が奥深かったですね。
「しゃかいふっき」
という言葉を目にしたときはずしりとしました。
たこさんは何を訴えたかったのかは私自身が未熟なので、理解できませんでしたが…。

生前、仲がよかった人の一人に映画監督の山本晋也さんがいる。
山本監督は今でも、たこさんの話はできない感じでいる。
たこさんはつくづく、いい仲間に囲まれていた人だと思う。
また、たこさんもいい人だったのだと思う。
テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。