ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のもう一つのブログ「名前は未だ無い(仮)」の3日目に書いたエントリーの中で映画「変態仮面」を見たことを書きましたが、その映画のテーマ曲、アンセムの「ブラスト」を紹介します。

勢いと力強さがあって、とてもいい曲です。
ライブの動画にしました。

BLAST ANTHEM  (LIVE)
スポンサーサイト
テーマ:ロック - ジャンル:音楽
少し、お久しぶりです。

今回、紹介するのはハチャトリアンの「剣の舞」です。
近頃、テンションが上がらないので、景気づけに聞いております。

剣の舞 ハチャトゥリヤン
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
以前、書いたのですが、カルメン・マキ&OZの好きな曲「閉ざされた町」を紹介します。
歌詞の一部が過激な表現があるので、苦手な人、そういうのが嫌いな人は避けてください。

カルメン・マキさんのヴォーカルはすごいですね。
また、演奏陣の方々も素晴らしいです。

閉ざされた町 カルメン・マキ&OZ
http://youtu.be/UVz0bsPOFQc


テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
少し、久しぶりです。

今回紹介するのは、聴く人によっては少し、きつい内容のものですので、そういうものが嫌いな人、苦手な人は避けてください。(いわゆる、アンダーグラウンドな感じです)

あぶらだこの「あぶらだこ」です。
私がまだ、小学生の高学年くらいだったと思います(約25年位前)。
筋肉少女帯の大槻ケンヂさんのオールナイトニッポンを聞いていたころだと思います。(1回目のほう)
色んな事を教えてくれるラジオでした。
そんな影響からか、レンタル店でも、冒険的にいろんなタイプのバンドのCDを借りていた時があり、そういうバンドの一つにあぶらだこがありました。
今考えたら、よく店に置いてあったなあ、と思います。
当時の私には刺激的なバンドでした。

ダーウィンの卵 あぶらだこ


象の背 あぶらだこ



テーマ:ロック - ジャンル:音楽
以前、エリック・サティのことを取り上げた時があったのですが、その時に「お医者さんで」(邦題がさまざまあります。「お医者さんのところで」とか「ドクターの家で」「医者の家で」など)の動画を探している、と書きましたが、ネットには「翻訳サイト」というのがあるのを思い出し、フランス語で調べたら、見つかりました。
最初に聞いたのが、小学校中学年の時で、男性の歌唱だったので、そういうのを探したのですが、気に入るのがありませんでした。
しばらく待って、検索したところ、女性の歌唱ですが、この曲の個性を生かした歌唱をされているのを見つけましたので、紹介します。
実に、サティらしい、個性的な曲で、私は好きですね。

Chez le Docteur Erik Satie
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
最近、古い音の曲を取り上げることが多いですが、何となく、そういう音を求めているのかもしれません。

今回、紹介するのは「恋はやさしき野辺の花よ」です。
聞いたことのある曲ですが、スッペの作曲の曲とは知りませんでした。
昔、小学生のころ、音楽の教科書かなんかに、いろんなクラシックの作曲家が紹介されていたのを見ていたのですが、「スッペ」という名前にインパクトを感じていました。
ただ、知っている曲を作っている人かどうかは知りませんでした。
今回、動画で古い曲を聴いている時に見つけたので、聞いてみたら、この曲でした。
スッペさん、すみません。

スッペ:喜歌劇《ボッカチオ》より〈恋はやさしき野辺の花よ〉 瀧田菊江(ソプラノ)
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
今回は細野晴臣さんのアルバム「omni Sight Seeing」を紹介します。

昔、オールナイトニッポンを聞いていて、広島の放送はCMが短いので、その間を埋めるため、曲が流れるのですが、なぜか細野晴臣さんのこのアルバムの曲が使われていました。
誰の曲かわからないうえ、イヤホンで聞く、暗い部屋の深夜放送で、「少し不気味な」曲が流れてくるので、変な気持ちになったのを憶えています。
曲自体はいい曲なのですが…。
ほどなくして、細野晴臣さんの曲であることがわかりました。

ちなみに、細野晴臣さんの「キャラバン」を思い出したきっかけは、昨日をおとといに更新した、「砂漠の隊商」「沙漠の隊商」を調べたのがきっかけです。
また、ちなみに、「隊商」は「キャラバン」と同じ意味だそうです。
あとで調べてわかりました。

キャラバン 細野晴臣(キャラバン(曲)ウィキペディア


PLEOCENE(プリオシーヌ) 細野晴臣



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
昨日紹介した「沙漠の隊商」のアコーディオン(アコーデオン)ヴァージョンです。

曲としては昨日紹介したヴァージョンのほうが哀愁があって好きですが、こちらは明るく、音も幾分クリアで、こちらはこちらでいい感じの曲です。

それと、なぜか「さばく」の字が違いますね。
「沙漠」「砂漠」は同じ意味だそうです。
「沙」のほうが先に使われていたようです。
「沙」は当用漢字制定前のもので、当用漢字に入らなかったため「砂」が使われるようになったそうです。
また、「砂漠の「砂」は全部「砂」ではない」という理由で「沙」のほうがいいという意見もあるそうです。
「沙漠の隊商」も「砂漠の隊商」も、どちらも戦前の録音で、販売されたもののようです。

ちなみに”アコーディオン”と”アコーデオン”はあまり、どうこうという話はないようで、”アコーデオン”は古い表現のようです。

砂漠の隊商 平茂夫
テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
少し、久しぶりです。

昔、ラジオで聞いた曲を見つけたので、紹介します。
そのものの音ではないのですが、メロディーが同じ曲を見つけました。
当時ラジオでは(25年位前)「砂漠のキャラバン」と紹介されていましたが、「沙漠の隊商」のほうが正しそうです。
まあ、いずれにせよ、懐かしいですね。

沙漠の隊商 新交響楽団(戦前の、古く小さい音です。)
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
今回は諫山実生さんの「月のワルツ」のライブのほうを紹介します。

ジャズっぽい感じです。
みんなのうたのアニメヴァージョンも非常に素晴らしく、好きですが、今回はこちらにします。
ライブヴァージョンもいいですね。

この曲はカラオケでよく歌いました。
難しい曲ですが、唄いがいのある曲です。
作詞がベテラン作詞家の湯川れい子さんだったのは、最初知ったとき、意外に思いました。
非常に幻想的で、世界観のある曲だと思います。

月のワルツ 諫山実生
続きを読む
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。